気になる包茎の治療法

そもそも包茎って治療する必要があるの?

包茎をコンプレックスに感じていても、日常生活に支障をきたさない事から治療をせずに放置している方も多いと思います。
包茎の種類を問わず、平常時は常に包皮に覆われている事で通気性が悪く恥垢が溜まりやすかったり、悪臭を放ったりといったデメリットがあります。また、性病の感染リスクが大幅に上がる事も有名ですよね。細菌が繁殖しやすい環境が揃っている事が原因として挙げれます。
それ以外にも、刺激になれていない事が原因で、性行為の際に早漏となってしまい自分だけではなく相手も満足出来ないという問題点もあります。
性病のリスクや性行為の問題等、多くのデメリットがある一方でメリットが全くないのが包茎は早期に治療する事が推奨されています。

気になる包茎の治療法のアレコレ

包茎の治療法として最もポピュラーとなっているのが余分な包皮を取り除き、亀頭から数ミリ下の箇所で縫合する方法です。
切除・縫合と聞いて痛みに不安を感じる方も多いですが、実際にはしっかりと麻酔をするので痛みを感じる事はありません。また、亀頭の下で縫合する事で傷痕や手術痕が目立たない、仕上がりも自然なので周囲に包茎治療を受けた事がバレる心配をする必要も要りません。
患者のプライバシーを考慮して待合室等に顔が見えないようになっているガラスが用意されている病院も増えています。
一方、病院に行かずに自宅で出来る包茎治療グッズも存在します。しかし、慣れない機器の使用で局部に怪我をする危険性がある事に注意が必要な点から病院での包茎治療が主流となっています。